メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

@上海・中国観察

音楽家・谷村新司さんが語る「日本と中国」

ステージで「昴」を歌う音楽家の谷村新司さん=上海市内で2018年11月8日、工藤哲撮影

 1980年代から中国とのつながりを持ち、上海音楽学院名誉教授でもある音楽家の谷村新司さん(69)が8日、上海市内で毎日新聞のインタビューに応じた。日中平和友好条約締結40周年の節目に北京や上海でコンサートを開いた谷村さんは「国と国の政治的な関係がどうあろうと、次の世代同士が信頼関係を持って交流できる場づくりをしていくのが自分の役目」とし、中国やアジア各国との音楽交流への意欲を語った。

 谷村さんはこの日、JR西日本上海代表処設立15周年の記念イベントで特別ゲストとしてステージに立ち、中国で根強い人気がある「いい日旅立ち」や「昴」を熱唱。「中国の皆さんとの長い縁が今もこうして続いています。会場の皆さんからの熱い思いが伝わってきました」と語った。【工藤哲】

この記事は有料記事です。

残り2185文字(全文2515文字)

工藤哲

上海支局記者 1999年入社。盛岡支局、東京社会部、外信部、中国総局(北京、2011~16年)、特別報道グループ、外信部を経て、2018年4月から現職。北京駐在時には反日デモや習近平指導部が発足した第18回共産党大会などを取材してきた。著書に「中国人の本音日本をこう見ている」(平凡社新書)など。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  5. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです