メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ローマ法王がホームレスら3000人と昼食、「貧しい人のための日」で

 11月18日、ローマ法王フランシスコは「貧しい人のための世界祈願日」のミサをサン・ピエトロ大聖堂で行ったあと、恵まれない人々やボランティアら約3000人との昼食会に参加した(2018年 ロイター/Remo Casilli )

[PR]

 [バチカン市 18日 ロイター] - ローマ法王フランシスコは18日、「貧しい人のための世界祈願日」のミサをサン・ピエトロ大聖堂で行ったあと、恵まれない人々やボランティアら約3000人との昼食会に参加した。

 ヒルトン・ホテルが提供した昼食を準備した人々に感謝するとともに、会場にいるすべての人に神の祝福があるように、と述べた。

 「貧しい人のための世界祈願日」は、ローマ・カトリック教会が毎年定めている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 新型コロナ 大阪市立小で児童1人感染 臨時休校 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです