メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ローマ法王がホームレスら3000人と昼食、「貧しい人のための日」で

 11月18日、ローマ法王フランシスコは「貧しい人のための世界祈願日」のミサをサン・ピエトロ大聖堂で行ったあと、恵まれない人々やボランティアら約3000人との昼食会に参加した(2018年 ロイター/Remo Casilli )

 [バチカン市 18日 ロイター] - ローマ法王フランシスコは18日、「貧しい人のための世界祈願日」のミサをサン・ピエトロ大聖堂で行ったあと、恵まれない人々やボランティアら約3000人との昼食会に参加した。

     ヒルトン・ホテルが提供した昼食を準備した人々に感謝するとともに、会場にいるすべての人に神の祝福があるように、と述べた。

     「貧しい人のための世界祈願日」は、ローマ・カトリック教会が毎年定めている。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
    2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
    3. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
    4. トランプ氏大相撲へ 千秋楽で急須と湯飲みが使えなくなる?
    5. トランプ大統領来日、警備に頭悩ませる警視庁 ドローンだけでなく「座布団対策」も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです