メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

大気汚染で世界寿命1.8年縮む、インドの一部では11年短く=調査

 11月19日、米シカゴ大学エネルギー政策研究所(EPIC)研究チームの発表によると、主に化石燃料の燃焼により発生する大気汚染は全世界の余命を1人当たり平均1.8年縮めており、健康の最大の脅威となっている。写真はインドで2016年11月撮影(2018年 ロイター/Adnan Abidi )

 [ニューヨーク 19日 トムソン・ロイター財団] - 米シカゴ大学エネルギー政策研究所(EPIC)研究チームの発表によると、主に化石燃料の燃焼により発生する大気汚染は全世界の寿命を1人当たり平均1.8年縮めており、健康の最大の脅威となっている。

     汚染された大気から微粒子を吸引することによる寿命短縮年数は、喫煙の1.6年を上回るほか、戦争や、HIV・エイズより危険度が高いという。

     シカゴ大学の「大気質生命指数(AQLI)」によると、インドの一部地域住民の寿命は、高濃度の大気汚染で11年短縮されている。

     同チームは、居住地域から大気汚染でどの程度寿命が短縮されるかを検索できるウェブサイトを開設、この種のサイトでは初としている。同チームは、このサイトにより大気の品質改善に結びつく改革を誘導したい考え。

     EPICのマイケル・グリーンストーン所長は声明で、この指標は理解困難なデータを「存在する最も重要な基準」に変換することを目指していると説明した。

     ウェブサイトによると、中国とインドネシアも微粒子汚染による住民への影響が最も深刻で、寿命短縮年数は順に、7年と5年半となっている。 

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
    2. さくらももこさんのカメが静岡の動物園に きょうから公開
    3. 著しく低下するメイ首相の求心力 労働党への譲歩に反発 「即時辞任」圧力強まる
    4. メイ英首相が辞任表明 EU離脱巡り
    5. 滋賀の名神道で多重事故 30人以上けがか 2人意識不明 草津JCT付近

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです