連載

熱血!与良政談

長年、政治の裏側を取材してきた与良正男専門編集委員が、永田町に鋭く斬り込みます。

連載一覧

熱血!与良政談

2島かゼロか=与良正男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領との先の会談後、最も率直で分かりやすかったのは、テレビのニュースで流れた北方四島の元島民の次のような言葉だった。

 「歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)が返ってくるなら喜ばしいが、択捉(えとろふ)、国後(くなしり)は我慢しろと言っているように聞こえる」

 首相によれば会談では1956年の日ソ共同宣言を基礎に北方領土交渉を進め、平和条約の締結を目指すことで合意したという。宣言は歯舞群島と色丹島の2島を平和条約締結後に日本に引き渡すと明記している。これを基礎に、というのだから「まず2島返還を」と受け取っていい。

 首相は「領土問題を解決して平和条約を締結するという従来のわが国の方針と何ら矛盾しない」と言うが、やはり無理がある。2島先行、2島プラスアルファ……と言い方はいろいろあるが、大きな政策転換には違いないのだ。首相の言う「領土問題の解決」とは何かも実はあいまいだ。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文962文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集