メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

2島かゼロか=与良正男

 安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領との先の会談後、最も率直で分かりやすかったのは、テレビのニュースで流れた北方四島の元島民の次のような言葉だった。

 「歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)が返ってくるなら喜ばしいが、択捉(えとろふ)、国後(くなしり)は我慢しろと言っているように聞こえる」

 首相によれば会談では1956年の日ソ共同宣言を基礎に北方領土交渉を進め、平和条約の締結を目指すことで合意したという。宣言は歯舞群島と色丹島の2島を平和条約締結後に日本に引き渡すと明記している。これを基礎に、というのだから「まず2島返還を」と受け取っていい。

 首相は「領土問題を解決して平和条約を締結するという従来のわが国の方針と何ら矛盾しない」と言うが、や…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです