メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

2島かゼロか=与良正男

 安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領との先の会談後、最も率直で分かりやすかったのは、テレビのニュースで流れた北方四島の元島民の次のような言葉だった。

 「歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)が返ってくるなら喜ばしいが、択捉(えとろふ)、国後(くなしり)は我慢しろと言っているように聞こえる」

 首相によれば会談では1956年の日ソ共同宣言を基礎に北方領土交渉を進め、平和条約の締結を目指すことで合意したという。宣言は歯舞群島と色丹島の2島を平和条約締結後に日本に引き渡すと明記している。これを基礎に、というのだから「まず2島返還を」と受け取っていい。

 首相は「領土問題を解決して平和条約を締結するという従来のわが国の方針と何ら矛盾しない」と言うが、やはり無理がある。2島先行、2島プラスアルファ……と言い方はいろいろあるが、大きな政策転換には違いないのだ。首相の言う「領土問題の解決」とは何かも実はあいまいだ。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです