メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松浦武四郎展

生誕200年記念 東京で開催中

 今年は「北海道」の名付け親である幕末の探検家、松浦武四郎(1818~88年)の生誕200年の記念の年。北海道命名150年とも相まって、北海道博物館での特別展をはじめ、その業績に改めて光が当てられている。静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区岡本)で開催中の「松浦武四郎展」もその一つといえる。

 伊勢国(現三重県)に生まれた武四郎は、16歳のころ突然江戸に出奔するほど旅好きだった。45年、初めて蝦夷(えぞ)地(北海道)を探査。58年まで計6回にわたり地形や自然などを調べた。

 本展はまず、探検家としての側面を紹介。アイヌの男性たちと旅する様子を伝える「北蝦夷余誌」やアザラシ…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文662文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです