メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

番組用「祭り」はやらせだ

 日本テレビ系の人気番組「世界の果てまでイッテQ!」のやらせ疑惑。大久保好男社長が謝罪する事態となったが、明確な説明がされていないと感じている。

 問題とされているのは、芸人が海外の祭りを体験する番組内の企画。日テレは過去に「番組の意向でコーディネート会社が主催者に提案したり実質的な主催者となったりして、イベントとして開催したケースがあった」ことは認めている。

 一方、番組公式サイトでは、祭りに参加し予選で敗退した芸人の姿を「演出や編集で実際とは異なる成績に見せるといったことはなく」などとやらせを否定しているが、論点がずれている。「祭り」を番組用に開いたとすれば、それはやらせに当たらないのか。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 王位戦第2局、藤井聡太七段が2連勝 終盤の強さ発揮 最年少タイトルに挑戦中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです