連載

とうほく彩発見/青森

毎日新聞デジタルの「とうほく彩発見/青森」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

とうほく彩発見/青森

高校魅力化について議論=高橋興さん /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

具体的な実践例に学ぶ 高橋興さん(青森中央学院大経営法学部教授)

 青森中央学院大は10月14日、開学20周年記念事業「第4回教育フォーラム」を開催した。その目的は、北東北3県における公立高校の立地市町村の関係者が集い、地域社会の衰退に直結するとされる高校統廃合に歯止めをかける方策を、具体的な実践例に学びながら探ることであった。

 最初に北陸大の藤岡慎二教授が「教育による地域の活性化 全国に広がる高校魅力化プロジェクト」の演題で基調講演した。藤岡教授は、各種の豊富な調査データなどをもとに、高校の存在が地域社会の存続や活性化のために決定的に重要だと指摘。高校がなくなることは家族ぐるみの人口流出の引き金となり、転入を検討する子育て世代にとっては大きな負の要因で、人口減少がさらに加速化し地域崩壊に直結すると説明した。

この記事は有料記事です。

残り1311文字(全文1689文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集