メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんな元気になる絵本

なりすます むしたち /富山

「なりすます むしたち」澤口たまみ・文、舘野鴻・絵、福音館書店、420円

自分の生き残る方法 プー横丁「プーの店」店長・杉原由美子さん

 表紙の絵、アリさんとアリさんがごっつんこ、しているのではありません。左はアリ、右はアリグモなのです。アリグモが前に突き出しているのは触覚ではなく、前足です。

 アリグモが、何のためにアリに「なりすます」のかというと、アリと仲良しのアブラムシを捕らえて食べるためです。アリに混じっていれば誤魔化(ごまか)せるのでは、と思いますが、アリは意外と強い生きもので、見つかって集団で攻撃されると勝ち目がないのです。

 アリのいない間にアリに「なりすまし」て、アブラムシを油断させて捕食する、というのがアリグモの生き方…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文862文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. 客や取引先から過剰なクレーム…広がる「カスタマーハラスメント」
  4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです