メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

江川紹子さんが「命の重さ」訴え 松本で /長野

 犯罪被害者週間(25日~12月1日)を前に松本市水汲のキッセイ文化ホールで17日、ジャーナリストの江川紹子さんが「混迷の時代を生きる『命の重さ』」と題して講演した。長野犯罪被害者支援センター主催で、市民ら約350人が聴き入った。

 江川さんは、取材してきたオウム真理教に言及。地下鉄サリン事件に関わった信者は「人が死ぬと、つながっている人たちも悲しむと考える人はいなかった」と紹介した。

 信者たちは元から考えない人たちではなく、生き方について模索していた人が多かった。しかし、教祖の指示に従うしかない状況が常態化したり、食欲など煩悩とされたものが制限されたりして、信者は「あらゆる感性がつぶされていった」。そのため、家族を大事に思う気持ちや恋人をいとおしく思う気持ちなどをなくし、被害者の家族などを想像することができなくなったとした。

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです