自動車

カートレース 世界大会に出場 近大高専3年・三島優輝さん「決勝で上位目指す」 亀井市長に報告 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
カートレースの世界大会に出場する三島優輝さん=三重県名張市役所で、広瀬晃子撮影
カートレースの世界大会に出場する三島優輝さん=三重県名張市役所で、広瀬晃子撮影

 ブラジルで開催されるカートレースの世界大会「ロータックス マックス チャレンジ グランドファイナル2018」(24日~12月1日)に、近大高専3年、三島優輝さん(18)がアジア代表として出場する。19日に名張市役所で亀井利克市長に初の世界大会出場を報告した三島さんは「出るからには決勝に進出し、少しでも上位を目指したい」と目を輝かせた。【広瀬晃子】

 三島さんは小学2年生からカートを始めた。現在は週末ごとに全国各地のサーキット場に通うなどして腕を磨いている。昨年からは海外のレースにも参戦しており、昨年の「全日本カート選手権」の第5戦で初優勝を果たした。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文554文字)

あわせて読みたい

注目の特集