補正予算案 災害対策など11億円 4カ所に治山施設設置 /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 西脇隆俊知事は20日、12月府議会に提出する一般会計補正予算案の概要を発表した。9月の台風21号により伊根町と宮津市で定置網などの漁具に3億円程度の被害が出たのを受け、地元市町と共に支援制度を新設して2000万円を負担。また、今後2次災害が懸念される府内4カ所に治山ダムなどの防災施設を造る費用として総額2億1000万円規模を計上する。

 補正規模は11億円台で、一般会計は総額8884億円台(前年度同期比95・6%、制度改正などを換算すると実質102・1%)となる。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文583文字)

あわせて読みたい

ニュース特集