メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市

SNS活用し災害対応 民間専門家招き、システム構築へ /兵庫

システム構築を担う福島直央さん(右)と榊原貴倫さん=神戸市役所で、目野創撮影

 神戸市は、災害発生時の対応にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用したシステムの構築を始めた。市危機管理室に11月から3カ月間、民間の専門家2人を受け入れ、乱立する情報を整理する仕組みを検討する。

 無料通信アプリを運営する「LINE(ライン)」(東京都)の福島直央さん(39)と、ITで地域課題の解決を目…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです