メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛大綱

宇宙・サイバーに重点 政府、骨子案提示

 政府は20日、年末までに策定する新しい「防衛計画の大綱」(防衛大綱)に関する有識者会議「安全保障と防衛力に関する懇談会」(座長・三村明夫新日鉄住金名誉会長)に、次期防衛大綱の骨子案を示した。特に従来の陸海空自衛隊の機能にとどまらず、宇宙やインターネットのサイバー空間・領域での対応能力を強化。人口減少を受けた自衛官不足を想定し、定年年齢の引き上げや人工知能(AI)の活用など人的基盤の強化も掲げた。【木下訓明】

 防衛大綱は10年先を見据えた政府の防衛政策の基本方針。2013年策定の現大綱では想定していなかった▽北朝鮮の弾道ミサイル能力の急激な向上▽中国の軍事力拡大と積極的な海洋進出▽ロシアが14年にウクライナに軍事介入した際に行った、サイバー攻撃などを組み合わせた「ハイブリッド戦」--など情勢変化を受け、5年ぶりに見直す。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです