メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

「移民社会」の足音/6 実習生の待遇模索

三共製作所の女性寮で食事を楽しむススマさん(右から2人目)ら外国人実習生たち=東大阪市で、望月亮一撮影

 「利き手で物も持てなくなった。将来のことを考えられない」。中国人技能実習生の黄世護さん(26)は自分の右手を見つめ、目を潤ませた。

 中国で仕事が見つからず、2015年12月に実習生として来日し、中部地方の段ボール製造業者で働き始めた。16年7月、厚紙を貼り付ける作業の最中、右手が機械に巻き込まれた。

 勤務先に退職を迫られ、断ると「警察に通報するぞ」と脅された。帰国すると渡航のため借金した60万円が…

この記事は有料記事です。

残り1423文字(全文1624文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです