皇室

大嘗宮の儀、招待者200人減

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宮内庁は20日、代替わりに伴って皇室の行事として行う儀式を検討する「大礼委員会」の第2回会合を開き、大嘗祭(だいじょうさい)の中心的儀式である「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」の招待者を前回より約200人減らして700人程度とすることを決めた。

 大嘗祭は、新天皇が五穀豊穣(ほうじょう)と国民の安寧を祈る儀式で、来年11月14~15日に行われる。宮内庁によると…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

あわせて読みたい

注目の特集