メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

名曲が告げるもの=福本容子

 <sui-setsu>

 イギリスの上空で、1970年代の名曲が繰り返し流れている。アメリカのロックバンド、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」だ。

 もちろん、現実には聞こえない。欧州連合(EU)からの離脱で泥沼状態の様が絶妙に歌詞と重なり、「ホテル・カリフォルニア・ブレグジット(EU離脱)」などと呼ばれている。

 「ここは天国か、地獄か」と自問していると、「ホテルにようこそ」の声。入ってみるが、元の場所に戻りた…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1003文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです