メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「IS後」のイラクを取材して 「次の悲劇」止めるために=千脇康平(大阪社会部)

ヤジディー教徒のハデルさんと子どもたち=イラク・ドホーク県で2018年8月、木葉健二撮影

 ノーベル平和賞が突然、自分とつながった。10月5日夜に発表された今年の受賞者は、過激派組織「イスラム国」(IS)から受けた性暴力被害を証言し続けたイラクの宗教的少数派ヤジディー教徒、ナディア・ムラド氏。私はこの夏、イラクで同じように性暴力の被害を実名で訴えるヤジディーの女性を取材していた。偶然にしても、受賞の報に高揚感がわき上がったが、それは瞬時に消えた。平和賞は祝福したいが、受賞が被害者の悲惨な体験を消し去ってくれるわけがないからだ。

 女性は長男(6)と長女(5)を育てるレイラ・タロ・ハデルさん(31)。私は8月下旬、イラク北部のク…

この記事は有料記事です。

残り1738文字(全文2009文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです