メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

習氏、比を訪問 ドゥテルテ政権発足後初 米にらみ「協力促進」

首脳会談前に報道陣に手を振る中国の習近平国家主席(右)とフィリピンのドゥテルテ大統領=マニラで2018年11月20日、ロイター

 【ジャカルタ武内彩】フィリピンを公式訪問している中国の習近平国家主席は20日、マニラでドゥテルテ大統領と会談した。習氏の訪問はドゥテルテ政権が発足して以来初めて。中比関係は南シナ海での領有権争いで冷却していたが、習政権は中国による経済支援を重視するドゥテルテ政権との対話を重ね、地ならしを進めてきた。習政権には米中関係が悪化する中、親密ぶりをアピールする狙いがあるとみられる。

 習氏はマニラ到着直後に発表した声明で「ドゥテルテ大統領の就任以来、友好と協力の扉を再び開くことがで…

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1269文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. さっそく小泉氏もマイバッグ 環境、厚労の庁舎でレジ袋廃止

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです