メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中間選挙後の世界2018

視点 北朝鮮問題に焦点も 韓国・慶熙大政治外交学科副教授 徐正健氏

徐正健氏

 今回の中間選挙はそもそも、上院は民主党が不利で、下院は共和党が不利だった。トランプ大統領も民主党も、勝つところは勝ち、負けるところは負けた。

 基本的に米国は孤立主義であり、北朝鮮は極東にある小さな国に過ぎない。北朝鮮問題の優先度は決して高くない。しかし、民主党が下院で過半数を占め、国内政治が難しくなる。トランプ氏が熱心に取り組む移民問題や貿易問題は、勝利を宣言することが難しいし、効果が出るまでに時間もかかる。そこで、再選を見据えたトランプ氏が北朝鮮との交渉で「ビッグディール」に出る可能性はある。民主党としても、外交政策の中…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 首相答弁否定のANAホテル、自民幹部と会談後に“沈黙”…圧力はあったのか?

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです