メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中間選挙後の世界2018

視点 北朝鮮問題に焦点も 韓国・慶熙大政治外交学科副教授 徐正健氏

徐正健氏

 今回の中間選挙はそもそも、上院は民主党が不利で、下院は共和党が不利だった。トランプ大統領も民主党も、勝つところは勝ち、負けるところは負けた。

 基本的に米国は孤立主義であり、北朝鮮は極東にある小さな国に過ぎない。北朝鮮問題の優先度は決して高くない。しかし、民主党が下院で過半数を占め、国内政治が難しくなる。トランプ氏が熱心に取り組む移民問題や貿易問題は、勝利を宣言することが難しいし、効果が出るまでに時間もかかる。そこで、再選を見据えたトランプ氏が北朝鮮との交渉で「ビッグディール」に出る可能性はある。民主党としても、外交政策の中…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  2. インターネット接続環境ない子ども、世界に13億人 情報格差に警鐘 ユニセフ

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです