メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中間選挙後の世界2018

視点 北朝鮮問題に焦点も 韓国・慶熙大政治外交学科副教授 徐正健氏

徐正健氏

 今回の中間選挙はそもそも、上院は民主党が不利で、下院は共和党が不利だった。トランプ大統領も民主党も、勝つところは勝ち、負けるところは負けた。

 基本的に米国は孤立主義であり、北朝鮮は極東にある小さな国に過ぎない。北朝鮮問題の優先度は決して高くない。しかし、民主党が下院で過半数を占め、国内政治が難しくなる。トランプ氏が熱心に取り組む移民問題や貿易問題は、勝利を宣言することが難しいし、効果が出るまでに時間もかかる。そこで、再選を見据えたトランプ氏が北朝鮮との交渉で「ビッグディール」に出る可能性はある。民主党としても、外交政策の中…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文663文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 福島・広野産の「奇跡のバナナ」初収穫 9月下旬から売り出し

  4. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  5. 全日空機で揺れ 乗客1人骨折 乗務員ら3人けが 15日の羽田発北京行き

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです