ネパール

外相、日本の入管法注目 労働者受け入れ期待

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
毎日新聞の取材に応じるネパールのギャワリ外相=東京都渋谷区で2018年11月20日、山衛守剛撮影
毎日新聞の取材に応じるネパールのギャワリ外相=東京都渋谷区で2018年11月20日、山衛守剛撮影

 ネパールのギャワリ外相は20日、東京都内で毎日新聞の取材に応じた。日本政府が入管法を改正し、外国人労働者の受け入れ拡大を目指していることについて「(入管法の改正が)ネパール人が技能実習生ではなく、労働者として働ける機会となるのか注目している」と話した。

 ギャワリ外相は、日本政府が入管法の改正案で新たに2種類の在留資格を設けていることに言及。その上で、「ネパール人は勤勉で正直な人が多く、協調性もある。日本の労働市場を満足させることができる」と日本のネパール人労働者の受け入れに期待を示した。日本では現在、約8万500…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文652文字)

あわせて読みたい

注目の特集