メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

イラン取材の難しさ ニューデリー支局・松井聡

 米国による制裁下のイランを今月初めに訪れた。首都テヘランでは、市民の多くが通貨リヤルの暴落による物価高騰に苦しんでいた。経営する貿易会社が10月に倒産した50代の男性は、タクシー運転手をして生活をつないでいた。「なぜ私たち庶民が苦しまなければならないのか。この2週間、肉を食べていない。シリアやイエメンの内戦への介入に予算が使われる限り、この国に未来はない」。話を聞いた市民の多くが、米国だけでなく、ハメネイ師をトップとするイスラム…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  4. 爆発 マンション駐車場で車大破 1人けが 大阪・東淀川
  5. 雑居ビルで爆発 42人負傷 ガス爆発の可能性も 札幌市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです