メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

イラン取材の難しさ ニューデリー支局・松井聡

 米国による制裁下のイランを今月初めに訪れた。首都テヘランでは、市民の多くが通貨リヤルの暴落による物価高騰に苦しんでいた。経営する貿易会社が10月に倒産した50代の男性は、タクシー運転手をして生活をつないでいた。「なぜ私たち庶民が苦しまなければならないのか。この2週間、肉を食べていない。シリアやイエメンの内戦への介入に予算が使われる限り、この国に未来はない」。話を聞いた市民の多くが、米国だけでなく、ハメネイ師をトップとするイスラム…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです