メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
経済観測

米中対立と企業の投資戦略見直し=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 米中間選挙後も米中の対立に変化がない。中国側も何かと対応策を打ち出してはいるが、説得力を持たない。このため、日米欧のグローバル企業の懸念は一向に晴れない。

 というのも、多くのグローバル企業は中国を世界の生産拠点にすべく、対中投資を進め生産を増やし、米国をはじめ輸出を増やし収益を上げてきたからだ。しかし中国から米国への輸出は、どの国の企業が輸出元であっても、米国の赤字縮小や公正な取引確保を理由に指定品目には高率関税が課せられる。税率も大宗は10%であるが、来年には全て25%となるし、米中交渉が難航すれば、輸入される全品目が課税対象となる。

 このため、日本企業も中国生産の一部を東南アジアや本邦の拠点に移して課税回避を図ろうとしている。ただ…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文715文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 韓国側との情報共有、防衛相「オファーはしたい」 北朝鮮ミサイル発射

  5. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです