メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

頭の病気/中 「薬物乱用頭痛」に陥る恐れ 市販の鎮痛薬、頼り過ぎに注意

市販の鎮痛薬の例。飲み過ぎると薬物乱用頭痛を引き起こす恐れがあるから注意が必要だ

自己判断で長期間飲み続け 痛み調節マヒ、慢性化

 約1000万人もの日本人が悩みを抱えているとされる片頭痛。痛みを抑えようと、ドラッグストアで手軽に購入できる鎮痛薬に頼り過ぎると、かえって痛みが慢性化する「薬物乱用頭痛」に陥る恐れがある。「賢い選択」の2回目は、薬の不適切な使用による頭痛と、その対処法についてまとめた。【河内敏康】

 東京都内の女性会社員(40)は、中学生の時から片頭痛に悩まされ続けてきた。当初、痛みの頻度はひと月に2、3回程度。市販の鎮痛薬を飲んで対処してきた。その後結婚し、出産。仕事に復帰した頃から、睡眠不足などのため頭痛の回数が次第に増えていった。ドラッグストアで購入した市販薬が効かなくなると、別の市販薬に頼ることを繰り返し、いつの間にかひと月に20日間も薬に頼る生活になっていた。

この記事は有料記事です。

残り1789文字(全文2143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです