メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

薬師寺

500年後、五重の楽しみ 新舎利容器、志村ふくみさんら制作

5人の工芸作家が手がけた五重の舎利容器。左からガラス、純金の器、青磁、漆器、絹のふくさ=奈良市で2018年11月20日、山田尚弘撮影

 薬師寺(奈良市)は20日、解体修理中の東塔(奈良時代、国宝)に納める五重の舎利容器を報道陣に公開した。人間国宝で文化勲章を受章した染織家、志村ふくみさんら、日本を代表する工芸作家5人が新たに制作。来年2月に法要が営まれ、心柱の最上部に納められる。

 舎利容器は釈迦(しゃか)の骨を入れるものとされ、東塔の修理に合わせて新調。五重の入れ子式になっており、一番内側の…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. SNSにも動画 背景に「カワウソブーム」 警視庁2容疑者逮捕
  5. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです