メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大統領

「重要パートナー」サウジに追加制裁せず

記者殺害 「新事実が判明しない限り」条件つけて

 【ワシントン鈴木一生】サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏殺害事件で、トランプ米大統領は20日、「サウジは対イラン政策や武器の売却先として重要なパートナーだ。米国の利益を一番に考えてサウジとの強固な同盟を維持する」とする声明を発表し、新たな事実が判明しない限り、サウジに追加の制裁を科さない方針を示した。サウジへの徹底した責任追及を求める米議会からは批判の声が上がっている。

 事件を巡っては米メディアが、米中央情報局(CIA)がサウジ政府の実質的な最高権力者、ムハンマド皇太…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです