千葉・我孫子

市の鳥「オオバン」大人気 リアルさに支持

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
人気が出ているオオバンのぬいぐるみ=千葉県我孫子市役所で、橋本利昭撮影
人気が出ているオオバンのぬいぐるみ=千葉県我孫子市役所で、橋本利昭撮影

 国内の水族館や動物園、博物館で販売されている動物の精巧なぬいぐるみの「100+1(ワンオーワン)シリーズ」に、千葉県我孫子市の鳥「オオバン」が新たに加わり、同市鳥の博物館がイベントで並べたところ、完売する人気を集めた。製造元の「太洋産業貿易」(横浜市)は「よりリアルに作られたぬいぐるみ」を掲げており、全身黒色で地味な見た目でもこのリアルさが支持される。同博物館は追加で仕入れ、ぬいぐるみをてこに知名度アップを図ろうとしている。

 オオバンはツルの仲間。全身黒色で額には毛がない。木の葉のような水かきがあるのも特徴だ。手賀沼には年中生息しており、1988年、市の鳥に指定された。認知度を高めようと、マンホールの蓋のデザインに採用したり、道路の愛称名やフォトコンテストの賞にその名前を付けたりしたが、「市民の間でも知らない人がいる」(同博物館)と存在感は薄い。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文750文字)

あわせて読みたい

注目の特集