メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夜景都市

新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

掬星台から見下ろす神戸の夜景=神戸市灘区摩耶山町の掬星台で2017年4月19日午後9時10分、黒川優撮影

 一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」(埼玉県新座市)が先月発表した「日本新三大夜景都市」から、神戸市が「転落」した。初回(2015年)の認定では長崎市、札幌市に次ぐ3位だったが、2回目は北九州市に抜かれて4位に後退。神戸市の担当者は「一般的には神戸、長崎、函館が三大夜景。魅力をアピールし、観光客を呼び込みたい」と動じていない。

 新三大夜景は、同法人認定の夜景鑑賞士約5500人へのウェブアンケートで決まり、3年に1度選び直す。スポットの数、観光への取り組みなどを総合評価。神戸市は15年の認定では、山からのパノラマ、神戸ハーバーランドなどの湾岸夜景、異人館街のライトアップ、神戸ルミナリエの開催などが高く評価されて3位だった。しかし前回5位だった北九州市が工場夜景ブームにも乗って、今回は3位に躍進した。「期待されていた数々の…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです