メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成
下村・自民改憲本部長

衆院憲法審委員も外れる 

自民党憲法改正推進本部の会合であいさつする下村博文本部長(左)=自民党本部で2018年11月19日午後4時4分、丸山博撮影

 自民党は20日、下村博文・憲法改正推進本部長を衆院憲法審査会の委員から外すことを決めた。後任に保守系議員の木原稔前副財務相を充てる。下村氏の野党への「職場放棄」発言を巡って反発する野党に配慮した形だが、自民が目指す22日の憲法審開催もなお見通しが立たない状況だ。

     下村氏は発言の責任を取り、憲法審の運営に関わる幹事への就任を辞退していた。自民は当初下村氏を委員には残す方向だったが、憲法審開催の環境整備を優先させた。

     一方、衆院憲法審の野党幹事らは20日の会談で、22日の開催に応じるのは困難だとの認識で一致。入管法改正案を巡る与野党対立が激化しており、山花郁夫・野党筆頭幹事(立憲民主党)は記者団に「開く状況ではない」と語った。【田中裕之、小田中大】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
    2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
    3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
    4. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成
    5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです