メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ

「ムエタイ」年齢制限めぐり議論 13歳死亡で

13歳でムエタイを始めたアピシット・スップレムさん(19)の練習を見るダーウィ・アンポンマハさん=2018年11月19日、バンコク郊外で西脇真一撮影

 【バンコク西脇真一】タイ式キックボクシング「ムエタイ」の試合で13歳の少年が死亡する事故が起き、子供の試合禁止を巡りタイで議論となっている。政府は安全性を重視し12歳未満の出場を禁じるなどの法改正を検討中だが、ムエタイ関係者の多くは年齢制限に反対。背景には選手生命の短さや、ファイトマネーで家計を助けるなど、貧困から抜け出す手段にもなっていることがある。

 タイメディアなどによると、アヌチャー・ターサコーさんは10日、バンコク近郊での試合でKOされ翌日死…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです