メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管法改正案

ネパール外相、労働者受け入れ期待

毎日新聞の取材に応じるネパールのギャワリ外相=東京都渋谷区で2018年11月20日、山衛守剛撮影

 ネパールのギャワリ外相は20日、東京都内で毎日新聞の取材に応じた。日本政府が入管法を改正し、外国人労働者の受け入れ拡大を目指していることについて「(入管法の改正が)ネパール人が技能実習生ではなく、労働者として働ける機会となるのか注目している」と話した。

 ギャワリ外相は、日本政府が入管法の改正案で新たに2種類の在留資格を設けていることに言及。その上で、「ネパール人は勤勉で正直な人が多く、協調性もある。日本の労働市場を満足させることができる」と日本のネパール人労働者の受け入れに期待を示した。日本では現在、約8万500…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです