メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋工業大

サリドマイド薬害リスク抑える仕組み解明

 胎児に奇形を引き起こした薬害で知られ、現在は血液がんの治療薬として使われているサリドマイドについて、名古屋工業大の研究チームが20日、薬害のリスクを抑える仕組みを解明したと発表した。「薬の安全性と効果を高める研究の手がかりにしたい」としている。英科学誌電子版に同日掲載された。

 柴田哲男教授(フッ素化学)によると、サリドマイドの分子は右手と左手のように鏡に映した関係の二つの形がある。「左手型」の分子には奇形を引き起こす働きがあるが、「右手型」だけを投与しても体内で一部が左手型に変わってしま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  2. グルメ 機動戦士ガンダム40周年記念!ガンダムオフィシャルカフェ『GUNDAM Café』が大阪・道頓堀の大地に立つ!(GetNavi web)
  3. NGT48暴行問題会見 一問一答
  4. 奥川が17奪三振完封 星稜、履正社降す
  5. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです