メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋工業大

サリドマイド薬害リスク抑える仕組み解明

 胎児に奇形を引き起こした薬害で知られ、現在は血液がんの治療薬として使われているサリドマイドについて、名古屋工業大の研究チームが20日、薬害のリスクを抑える仕組みを解明したと発表した。「薬の安全性と効果を高める研究の手がかりにしたい」としている。英科学誌電子版に同日掲載された。

 柴田哲男教授(フッ素化学)によると、サリドマイドの分子は右手と左手のように鏡に映した関係の二つの形がある。「左手型」の分子には奇形を引き起こす働きがあるが、「右手型」だけを投与しても体内で一部が左手型に変わってしま…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです