ゴーン会長

他役員の報酬付け替えか 配分権握る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日産自動車グローバル本社=横浜市西区で2018年11月20日、本社ヘリから渡部直樹撮影
日産自動車グローバル本社=横浜市西区で2018年11月20日、本社ヘリから渡部直樹撮影

 日産自動車代表取締役会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)ら2人が金融商品取引法違反の疑いで逮捕された事件で、他の取締役の報酬の一部がゴーン会長に流れていた疑いがあることが関係者への取材で明らかになった。ゴーン会長には、取締役への報酬総額を配分する権限があったといい、東京地検特捜部がゴーン会長を巡る会社資金の流れを追っている模様だ。

 関係者によると、日産は2010年以降、株主総会で取締役の報酬総額は毎年約30億円で承認されていたという。だが、実際に取締役に支払われた報酬の総額は承認額より毎年約10億円少なかったという。有価証券報告書で開示が義務づけられているのは年間1億円以上の役員であるため、ゴーン会長以外の大半の役員報酬は外部からは分からない。

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1234文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集