メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

堂安、中島…「主力」投入、別チームに

【日本-キルギス】後半、ドリブルで攻め上がる中島=豊田スタジアムで2018年11月20日、大西岳彦撮影

 ○日本4-0キルギス●(20日、豊田スタジアム)

 大迫がゴール右隅へ巧みなワンタッチシュートを決め貫禄のガッツポーズを見せると、直後に南野、堂安、中島と流れるようにつなぎあっけなく加点。「主力」が後半途中に投入され、試合はようやく熱を帯び始めた。

 所属クラブのない選手も複数いたキルギスはここまでの中南米勢から力は格段に落ちた。シュートはわずか1本。日本が前戦から先発を完全に入れ替えた「控え組」だったとしても、力の差を思えば、停滞した試合展開はもどかしい。

 前半2分、初出場の山中が先制点を挙げたが、攻め手はサイド中心で単調で、個で仕掛けても引っかかる。同…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の男性重体 和歌山

  2. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです