メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

堂安、中島…「主力」投入、別チームに

【日本-キルギス】後半、ドリブルで攻め上がる中島=豊田スタジアムで2018年11月20日、大西岳彦撮影

 ○日本4-0キルギス●(20日、豊田スタジアム)

 大迫がゴール右隅へ巧みなワンタッチシュートを決め貫禄のガッツポーズを見せると、直後に南野、堂安、中島と流れるようにつなぎあっけなく加点。「主力」が後半途中に投入され、試合はようやく熱を帯び始めた。

 所属クラブのない選手も複数いたキルギスはここまでの中南米勢から力は格段に落ちた。シュートはわずか1本。日本が前戦から先発を完全に入れ替えた「控え組」だったとしても、力の差を思えば、停滞した試合展開はもどかしい。

 前半2分、初出場の山中が先制点を挙げたが、攻め手はサイド中心で単調で、個で仕掛けても引っかかる。同…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです