メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵本作家

加古里子さん遺作「みずとは なんじゃ?」 完成に執念燃やした姿

書斎で執筆する加古里子さん=神奈川県藤沢市で2013年10月29日、宇多川はるか撮影

 「からすのパンやさん」「だるまちゃん」シリーズなど約600冊を世に送り出し、5月に亡くなった絵本作家、加古里子さん(享年92)。その遺作となる科学絵本「みずとは なんじゃ?」(小峰書店)が今月、出版された。創作の過程をたどると、息を引き取るまで完成に執念を燃やし、壮絶な最期を遂げた絵本作家の姿があった。【宇多川はるか/統合デジタル取材センター】

 「みずとは なんじゃ?」は、手や顔を洗ったり、飲んだり、食事を作るときに利用したりなど、暮らしに欠かせない水の役割を最初に紹介する。さらに、気体(水蒸気)や固体(氷)に自在に変化すること、ヒトや動植物の体を形作っていること、さまざまな物質が溶けやすく、流れやすい性質を持つ水のお陰で、動物が栄養を取り込んだり、老廃物を外へ出したりできることを説明。そして、太陽の光と熱により起きている地球の水循環にも言及し、ページをめくるたびにぐんぐん視野が広がっていく。

 しかも、それらをすべて、ひらがなと絵で語り尽くしている。

この記事は有料記事です。

残り2763文字(全文3195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです