絵本作家

加古里子さん遺作「みずとは なんじゃ?」 完成に執念燃やした姿

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
書斎で執筆する加古里子さん=神奈川県藤沢市で2013年10月29日、宇多川はるか撮影
書斎で執筆する加古里子さん=神奈川県藤沢市で2013年10月29日、宇多川はるか撮影

 「からすのパンやさん」「だるまちゃん」シリーズなど約600冊を世に送り出し、5月に亡くなった絵本作家、加古里子さん(享年92)。その遺作となる科学絵本「みずとは なんじゃ?」(小峰書店)が今月、出版された。創作の過程をたどると、息を引き取るまで完成に執念を燃やし、壮絶な最期を遂げた絵本作家の姿があった。【宇多川はるか/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3021文字(全文3195文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集