メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

病、それから 2度のがん手術を自ら経験 腫瘍内科医・上野直人さん

問われる「どう生きたいか」

 全米トップのがん医療機関と評されるテキサス大MDアンダーソンがんセンターの上野直人教授(54)は昨夏、血液がんの治療のため骨髄移植を受けた。がんは2度目。腫瘍内科医として、そして患者として、がんと向き合い続けた経験から、この病気で「どう生きたいか、何が大事か」を問われると実感した。

この記事は有料記事です。

残り1336文字(全文1491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 高速道路で可搬式オービス運用 四国初 愛媛県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです