メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

犬神家の一族 からみあう親子の思い=評・小玉祥子

 探偵金田一耕助ものの同名の人気推理小説を原作にした新派公演。横溝正史作、齋藤雅文脚色・演出。

 昭和20年代。信州の素封家、犬神佐兵衛が没し、相続を巡っての殺人事件が続発。探偵の金田一(喜多村緑郎)は、橘警察署長(佐藤B作)、古館弁護士(田口守)の協力を得て真相に迫る。

 佐兵衛の長女、松子(波乃久里子)には佐清(浜中文一)、次女、竹子(瀬戸摩純)には佐武(河合穗積)、三女、梅子(河合雪之丞)には佐智(喜多村一郎)という子がおり、佐兵衛の恩人の血縁、野々宮珠世(春本由香、河合宥季)と結婚することが相続の条件とされていた。

 脚本は陰惨な殺人の裏に潜む、からみあった何組もの親と子の思いに焦点をあてた。それが謎解きと共に次第…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文790文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです