メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

劇団昴 小説「評決」を舞台化 医療過誤巡るドラマ

 劇団昴は29日から、東京・東池袋のあうるすぽっとで「評決TheVerdict」(原田一樹構成・演出)を上演する。医療過誤事件として当時の史上最高額の損害賠償の評決を獲得した米ボストンの弁護士、バリー・リードが実体験を基に執筆した同名小説が原作。1982年にはシドニー・ルメット監督、デビッド・マメット脚本で映画化された。物語は、ある事件がきっかけで酒浸りの日々を送る弁護士、ギャルビン(宮本充=写真)の…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

  2. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです