メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道新幹線

新函館北斗まで4分短縮 新青森から 来春ダイヤ改正で /青森

 JRの来年春のダイヤ改正で、北海道新幹線(新青森-新函館北斗)の所要時間が4分短縮され、東京-新函館北斗間が4時間を切り、最短で3時間58分となることがJR関係者への取材で分かった。新青森-新函館北斗間は最短で1時間1分だが、実現すれば1時間を切ることになる。青函トンネルの最高時速を現行の140キロから160キロに引き上げても、安全性に問題がないことが確認され、北海道新幹線が2016年3月に開業して以降、課題となっていた「4時間切り」が実現する。

 旅行業界では、新幹線の乗車時間が4時間を超えると、航空機の利用者の方が多くなるとされ「4時間の壁」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです