メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代美術展

「人間と自然」テーマ パワーみなぎる70点 横手で25日まで /秋田

 県立近代美術館(横手市赤坂)で生命のエネルギーを考える「ハンターギャザラー(狩猟採集民)」展が開かれている。秋田市出身の現代アート作家、鴻池朋子さん(58)のパワーみなぎる作品が来館者を引き込んでいる。

 鴻池さんは、東京芸術大で日本画を専攻した現代美術家だ。2011年の東日本大震災で「人間と自然」の関係性を深く考えるようになり、民俗学や人類学などさまざまな分野の研究者らと共同制作を重ね、国内外で個展を開催してきた。

 16年には「根源的暴力」と題した一連の個展が「従来の日本画の枠を乗り越え、芸術活動の根源に迫った」…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです