メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

薬塚

高野長英ゆかり 発見者・岩瀧さんと「茨の道」 薬草採取の地?煎じたかす供養の場? 中之条 /群馬

 「昭和20年の大火後、天狗(てんぐ)様の社が祭られている。その社の背後の山に『薬塚』と呼ばれる場所があり、福田宗禎(そうてい)の師高野長英が薬草採取の跡と伝えられており……」。中之条町の「沢渡温泉史」(2008年、沢渡温泉組合発行)にこう書かれていながら、長らくその存在が謎とされてきた「薬塚」の石碑が今年4月、確認された。発見したのは、東吾妻町立あづまこども園長で中之条町文化財専門委員、岩瀧秀樹さん(68)=中之条町伊勢町。記者も一目見たいと、今月8日、岩瀧さんの案内で山中に分け入った。【吉田勝】

この記事は有料記事です。

残り1514文字(全文1766文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです