浅川ダム住民訴訟

門前払いに「残念」 上告退けられる /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県が建設した浅川ダム(長野市)を巡り、周辺住民ら158人が県を相手取り、既に支出した建設費約120億円を阿部守一知事らに返還請求することや今後の支出差し止めを求めた訴訟で、最高裁は上告を退けた。弁護団の山崎泰正弁護士は「門前払いの判断で残念だ」と述べた。

 浅川ダムは2001年に田中康夫知事(当時)が「脱ダム」を宣言し、建設が一時中断した。しかし、07年に村井仁…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

あわせて読みたい

ニュース特集