メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高島市

ハイタッチで内定祝う 県内市町で初、職員発案で式 /滋賀

先輩職員とハイタッチして式の会場に入る内定者=滋賀県高島市役所で、塚原和俊撮影

 来年4月に採用される高島市の新人職員を対象にした内定式が21日、市役所であった。今春に採用されたばかりの職員が運営する手作り感あふれた式に、会場は温かい雰囲気に包まれた。新人職員の内定式が開かれるのは、県内の市町で初めて。

 式は人事課職員の発案で、1年目の職員13人が実行委を作り、2週間で準備した。内定を受けた11人のうち10人(男性4人…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです