メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

天橋義塾=京都府宮津市 弾圧受けつつ「自由民権」

特別展で展示されている「天橋義塾」の教科書を見る森島康雄資料課長=京都府宮津市の府立丹後郷土資料館で、高村洋一撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 京都府北部の丹後半島に明治初期、中等教育を担った私塾「天橋(てんきょう)義塾」があった。指導者が逮捕・投獄されるなどしたが9年余り続いた。開設に尽くした人たちは当時各地で起こった「自由民権運動」に身を捧げ、自由や民権という西洋から入った概念を取り込んでいった。郷土の誇りとして私塾の歴史が語り継がれている宮津市を訪ねた。【高村洋一】

 京都丹後鉄道の宮津駅から路線バスで日本三景・天橋立方面に向かう。車窓に流れる穏やかな海の風景を見な…

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1187文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです