メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 7年ぶり雪組上演「ファントム」で美声 望海風斗と真彩希帆らが魅了 /兵庫

ファントムの心の葛藤を繊細に表現した望海風斗=宝塚大劇場で

 宝塚歌劇団雪組が、ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」を原作にしたミュージカル「ファントム」(アーサー・コピット脚本、モーリー・イェストン作詞・作曲、中村一徳潤色・演出)を、宝塚大劇場で上演している。宝塚では2004年に宙組が初演し、7年ぶり4度目の上演。歌唱力を誇るトップスターの望海(のぞみ)風斗と、娘役トップの真彩(まあや)希帆が美声を響かせ、観客を魅了する。12月14日まで。【文・生野由佳、写真・山田哲也】

 舞台は19世紀のパリ。オペラ座の地下には醜い顔を仮面で隠す怪人ファントム(望海)が隠れ住んでいた。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです