メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 7年ぶり雪組上演「ファントム」で美声 望海風斗と真彩希帆らが魅了 /兵庫

ファントムの心の葛藤を繊細に表現した望海風斗=宝塚大劇場で

 宝塚歌劇団雪組が、ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」を原作にしたミュージカル「ファントム」(アーサー・コピット脚本、モーリー・イェストン作詞・作曲、中村一徳潤色・演出)を、宝塚大劇場で上演している。宝塚では2004年に宙組が初演し、7年ぶり4度目の上演。歌唱力を誇るトップスターの望海(のぞみ)風斗と、娘役トップの真彩(まあや)希帆が美声を響かせ、観客を魅了する。12月14日まで。【文・生野由佳、写真・山田哲也】

 舞台は19世紀のパリ。オペラ座の地下には醜い顔を仮面で隠す怪人ファントム(望海)が隠れ住んでいた。…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 携帯の2年縛り、3月から緩和 違約金なしの解約、3カ月に
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. 米で偽新聞「トランプ辞任」ワシントンでばらまき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです