メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 7年ぶり雪組上演「ファントム」で美声 望海風斗と真彩希帆らが魅了 /兵庫

ファントムの心の葛藤を繊細に表現した望海風斗=宝塚大劇場で

 宝塚歌劇団雪組が、ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」を原作にしたミュージカル「ファントム」(アーサー・コピット脚本、モーリー・イェストン作詞・作曲、中村一徳潤色・演出)を、宝塚大劇場で上演している。宝塚では2004年に宙組が初演し、7年ぶり4度目の上演。歌唱力を誇るトップスターの望海(のぞみ)風斗と、娘役トップの真彩(まあや)希帆が美声を響かせ、観客を魅了する。12月14日まで。【文・生野由佳、写真・山田哲也】

 舞台は19世紀のパリ。オペラ座の地下には醜い顔を仮面で隠す怪人ファントム(望海)が隠れ住んでいた。…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです