メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大人の発達障害

理解と支援へ、働きやすい職場づくりを 久留米で講演会「仕事と特性の相性重要」 /福岡

 職場のメンタルヘルス対策の向上につなげようと久留米市は21日、同市百年公園の久留米リサーチ・パークで講演会を開いた。事業所や行政職員など約100人が参加した。大江美佐里・久留米大学病院カウンセリングセンター長が「職場における大人の発達障害の理解と支援」と題して語り「仕事内容と本人の発達特性のマッチングが重要」などと訴えた。

 大江さんは、注意欠陥多動性障害(ADHD)や自閉スペクトラム症(ASD)など発達障害の特性を紹介。…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです