長崎市

行政代執行 空き家取り壊し 老朽化で倒壊のおそれ /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 長崎市は21日、老朽化して倒壊のおそれがある同市香焼町の空き家を、空き家対策特別措置法に基づき、行政代執行による取り壊しを始めた。所有者が明らかになっている空き家を取り壊すのは県内初。

 市建築指導課によると、空き家は築43年の木造2階建て。今年3月、近隣住民から倒壊の危険性を指摘され、市が県外在住…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

あわせて読みたい

注目の特集