メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

消費増税/新潮45休刊/地方自治

消費増税に伴い、税体系が複雑になる。飲食スペースがあるスーパーでは、持ち帰りか店内で食べるかで税率が変わる=東京都内で9月26日、今村茜撮影

 2度にわたって延期された消費増税が来年10月、実施される。井手英策氏は、「痛みの分かち合い」という税の本質にそぐわない政府の制度設計のあり方を指摘した。石原俊氏は「新潮45」の休刊など、苦境が続くノンフィクションの現代社会における存在意義を指摘。吉田徹氏は民主主義の土台である地方自治の危機に警鐘を鳴らし、再生への道を探った。

この記事は有料記事です。

残り4366文字(全文4530文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです