メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

伊方原発再稼働、広島高裁が容認 安易すぎる論拠「社会通念」=小山美砂(広島支局)

四国電力伊方原発3号機の再稼働が認められ、抗議の垂れ幕を掲げる住民側関係者ら=広島市中区の広島高裁前で9月25日、平川義之撮影

 昨年12月に広島高裁が四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた仮処分決定を巡る異議審で、同高裁(三木昌之裁判長)は今年9月、一転して再稼働を容認する決定を出した。異議申し立てが認められた四電は10月27日から3号機を再稼働させた。高裁は決定理由で「発生頻度が著しく小さいリスクは容認する社会通念がある」としたが、「想定外」の津波で起きた東京電力福島第1原発事故を経験し、各種の世論調査でも約半数が再稼働に反対する日本社会が、本当にリスクを許容しているのか。私は強い疑問を感じる。

この記事は有料記事です。

残り1823文字(全文2073文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです