メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

伊方原発再稼働、広島高裁が容認 安易すぎる論拠「社会通念」=小山美砂(広島支局)

四国電力伊方原発3号機の再稼働が認められ、抗議の垂れ幕を掲げる住民側関係者ら=広島市中区の広島高裁前で9月25日、平川義之撮影

 昨年12月に広島高裁が四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた仮処分決定を巡る異議審で、同高裁(三木昌之裁判長)は今年9月、一転して再稼働を容認する決定を出した。異議申し立てが認められた四電は10月27日から3号機を再稼働させた。高裁は決定理由で「発生頻度が著しく小さいリスクは容認する社会通念がある」としたが、「想定外」の津波で起きた東京電力福島第1原発事故を経験し、各種の世論調査でも約半数が再稼働に反対する日本社会が、本当にリスクを許容しているのか。私は強い疑問を感じる。

この記事は有料記事です。

残り1823文字(全文2073文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです