メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新たに280人台の感染確認 1日当たり過去最多 東京都
自動車減税

規模が焦点 消費増税対策 自・公税調、議論スタート

 自民、公明両党の税制調査会は21日、それぞれ総会を開いて2019年度税制改正に向けた議論を始めた。12月12日にも与党税制改正大綱を取りまとめる。19年10月の消費税率10%への引き上げ後の消費喚起策として、自動車や住宅関連の減税を検討するが、税収を失うことに対する反発もあり、減税の規模や期間が焦点になりそうだ。

 自動車業界や、業界を所管する経済産業省は、保有者が毎年支払う自動車税について、恒久的な減税を要望。現状では排気量に応じて毎年2万9500~11万1000円を課税しているが、最低課税額を軽自動車税(年1万800円)並みに下げることを提案している。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  5. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです