メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州委

イタリア制裁手続き 予算案「ルール違反」

 【ロンドン三沢耕平、ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会は21日、イタリアの2019年予算案が財政ルールに反しているとして経済制裁の手続きに入ると発表した。過去にも手続き入りしたことはあるが、実際に制裁が発動されれば初めてとなる。現時点でイタリア政府には予算修正に応じる意向がなく、金融市場の混乱を招きそうだ。

 イタリアの予算案は、6月に誕生したポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」と極右「同盟」の連立政権の選挙公約を盛り込んだばらまき色の濃い内容となっている。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです